ベータチタニウム/モーターサイクル

main_img.jpg

8EB28CF889CA83C838983X83g1.jpg

アクスルシャフトはテレスコピックサスペンションを採用する全てのモーターサイクルにおいて最も路面に近い『軸』。サスペンションの両端とタイヤを介して路面から常に負荷がかかり、捩られながらも様々な力を車体、路面に繋ぐための非常に重要な『軸』なのです。この『軸』の部分を対衝撃、対振動に優れた高剛性のTi-6Al-4V製に換装することにより、サスペンションに伝わる全ての力を整流化させることが可能になりました。

8EB28CF889CA83C838983X83g3.jpg8EB28CF889CA83C838983X83g2.jpg

力の整流化、つまりサスペンションに対しての力の入力を整える事によって直進時、減速時、旋回時全てにおいて路面追従性とハンドリングの応答度を向上させることが出来ます。ノーマル比2倍以上の剛性により生み出される、サスペンションという機械の動作効率上昇。そしてTi-6Al-4Vの比重(鉄系統の60%以下)によって与えられるバネ下回転中心軸の低減、従来対極の方向性と考えられがちな軽量化と剛性アップを操作において重要なアクスルシャフトで実現することにより、あなたのマシンに圧倒的なまでの軽快感を与えます。

ボルトメーカーであり特殊鋼加工メーカーとしてのベータチタニウムの視点から見た新しい観点からのモーターサイクルの可能性。

是非貴方のマシンで体感してください。
MOTOパーツオンラインショップページ