ベータチタニウム オフィシャルブログ

2018年12月14日

ベータチタニウム史上、最小のボルトたち

ベータチタニウム史上、最小のボルトを製作しました。

そのサイズ、M1.2×P0.25!!

一緒に写っているM8のボルトが巨大に見えますね。
まるでガリバーと小人たちのようです。

こんなに小さくても頭部にはローレット加工、
締めるための六角穴は一つずつの手加工になります。

製作担当者いわく、「もう怖いもんはない!」

ローレット部が陽極酸化処理できれいに発色するか心配でしたが、
ご覧のとおり仕上がりました。

ちなみに、金色の子は真鍮製です。
チタンゴールドではございませんので、ご了承下さい。

カテゴリー:製品紹介

2015年8月7日

KAWASAKI Ninja H2 キットパーツ

この度日本特殊螺旋工業ベータチタニウムは、日本BEET工業様のご助力により下記製品群を作成いたしました。

Ninja H2用フロントアクスルシャフトキット
¥175,000

Ninja H2用フロントキャリパーマウントボルトキットType12P
¥24,480

Ninja用リンクボルトキット12P
¥90,000

Ninja H2用ホイールナットキット12P
¥52,500全て陽極酸化処理費用込み、TAX別の価格となっております。
近日弊社ウェブショップにアップロードいたします。

また、この製品群は今週末静岡県磐田市で開催されるKBM祭り2015で実際の製品をお持ちいたします。

みなさま是非ご来場くださいませ。

カテゴリー:製品紹介

2014年12月27日

MT-09 リンクボルトキット開発中

SS用のリンクボルトキットを八耐前に出しまして、予想以上にご好評いただいております。そうなってくると、色々と車種別でのご依頼をいただく事が多くなりまして、少しづつ車種選定から設定していかねばとお声の多かったMT-09に取り掛かっております。

全部で5本。下にひいてある長いヤツはキットから外そうかと考えましたが(価格的に)フレームとの要になりそうなのでそのままにしようかなと思います。当然全て中空加工済み。

ノーマルの足回りをバラしたところ。リンクまわりは結構余裕はありそうです。純正のボルトは結構ネジ山が出てるので作り直す際に詰めようかとも考えたのですが、社外品のサスペンションに変える際にコの字の肉厚が変わってくることも考えて今回は純正と同じ長さにしようかと。販売時はご希望あれば長さは調整できるようにしたいと思います。

開発車両の提供&実走テストでご協力いただいたのはMotmMapSupplyレーシングを運営するS Supplyさん。レースメカの方が自分で乗ってるということで取付作業もお任せしました。

当然ですが、鮮やかな手際です。

取り付けると精悍です。自分で造ってなんですが、カッコいい。

車体に組み付け。

リンク周りは結構複雑な力がかかるところなのでこういった軽量級の車両はSSに比べると低い速度域から変化がわかりやすいです。サーキットでガンガン走る車両用の部品ではなく、街中からツーリングのような使い方でもしっかりとリアサスの動きを感じられるモノを目指します。

しばらくの試走の後、不具合が出ないか確認したら発売開始しようかと。その前に実際に取り付けると取付において色々と分かった事もあったのでちょっと手直しも入れないと。形状を純正品からそのままコピーするのはもったいない部位なので、一台一台こういった確認はしなければならないですが、新しいものを造る作業はやっぱり楽しいですね。

販売目的は来年の一月末から二月頭を予定しております。それまでに実車に付いているのを確認したい方はS Supllyさんに置いてありますので是非どうぞ。

株式会社Sサプライ
千葉県四街道市鹿放ヶ丘238-2
http://www.s-supply.biz

そして一月末頃には他の部品も色々と・・・

お楽しみに!!

それでは本体から一日遅れではございますが、また来年よろしくお願いいたします。

カテゴリー:製品紹介

2014年10月9日

efficient module kit 製品仕様変更について

先日弊社取扱いを開始いたしましたSPECIAL AGENT×YAMAMOTO RACINGのefficient module kitですが、一部仕様変更しましたのでご連絡させていただきます。

当初のアナウンスした状態の製品が上写真になりますが。

現在はこちらの網付ファンネル仕様が標準となります。

網なしファンネルをご希望の方は、以前の仕様もご注文いただけますが、efficient module kitの基本出荷形状は網付ファンネル仕様となります。なお、仕様変更による価格の変更はございません。

ZRX1200DAEG ZRT20D
φ46スロットルボディ+専用コントローラー    ¥308,000
通信装置  +3,000
スピードリミットカット +27,000
レブリミットカットモジュール +4,000

CB1300SF SC54 ‘04~’07 ‘08~’13 ‘14~
φ46スロットルボディ+専用コントローラー    ¥315,000
通信装置 +3,000
スピードリミットカット +27,000

※全てTAX別

こちらの製品は今週末のMOTO GP 日本グランプリ カスタムヴィレッジの弊社ブースに展示していますので是非ご来場くださいませ。

カテゴリー:製品紹介

2014年8月27日

SpecialAgent新製品案内 【efficient module kit】

ミクニ社製φ46スロットルボディをベースにヤマモトレーシングがインシュレター、ファンネル等を専用設計で開発した大口径スロットルボディキット、従来のキャブレター車ではポピュラーになっていた社外品への交換をインジェクション車両で可能にしたボディキットです。

そのキットの電子制御開発に携わったSpecialAgentから、フィッティング、セッティングパーツをパッケージングした車種別専用キットを販売します。
キットにはスロットルボディ、専用燃調コントローラー、そしてこのキットでしか手に入らない純正スロットルとの電圧差を補正するスロットルコンバージョンユニットとしてTPSアダプターを用いることにより最適な動作を実現します。

キットのベースマップにはヤマモトレーシングのエキゾーストシステムと適合した燃調マップをインストールし、コントローラーでレブリミットの設定が可能です。またオプションのスピードリミットのカットモジュールの組み合わせでスプロケットの歯数補正の正確な速度管理が可能になります。

設計、開発から携わったSpecialAgentだから設定出来るフルモジュールキット。大口径スロットルボディの出力とインジェクション車だから出来るきめ細やかなセッティングをご堪能ください。

と、いうわけで。

ご堪能。

してみませんか?

スロットルボディ開発のヤマモトレーシング様から開発に使用したCB1300SFを
8月30日(土曜日)ライコランド多摩境店
8月31日(日曜日)ライコランドTOKYOBAY東雲店

で、試乗出来ます。

注1 試乗をご希望の方はライディングに適した装備でご来店ください。
注2 免許証のコピーをお預かりします(試乗後破棄いたします)

それでは、天気が良くなることを祈って、週末はライコランド両店でお待ちしております!!

カテゴリー:製品紹介

Facebook